2019.2月 七澤菜波墨彩教室

2019.2月 七澤菜波墨彩教室
2019年2月9日(土曜日) *第2土曜日です
13:30~17:00

2月の教室のお知らせです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2

受講内容

<前半> 基礎編
「之攬者亦」
王羲之の蘭亭序をベースに練習していきます。
*初心者の方は3回目まで、基本の線からお教えします。
「永和九年」「癸丑春之」「會于稽山」
それぞれのレベル、スピードにあった教え方をしていきます。
*4回目以降の方は、共通の課題とさせていただきます。


<後半> デザイン編
「懐紙でポチ袋、包みを作る」
素晴らしい日本文化である懐紙を使って、ポチ袋、簡単な包みを作ります。
ちょっとした贈り物、バレンタイン、ホワイトデーなどにぜひ活用しましょう!
茶道や和食のマナーに欠かせない「懐紙(かいし)」
懐紙はふところに入れて携帯するふたつ折りの和紙のことです。
平安時代から今に至るまで、ちり紙や便箋、ハンカチ、メモ用紙として使われてきました。


*できれば、顔彩やクレヨン、アクリル絵の具や、シールなど、
デザインに使いたいものを自由に用意してきてください。
たくさん書きたい方は、ご自分で懐紙をご用意ください。いろんなタイプのものがあります。


場所

目白第二区民集会室(3階)

〒171-0031
東京都豊島区目白3-4-3

<アクセス方法>
・電車でお越しの方
山手線 目白駅より徒歩2分


受講費

4,000円 半紙二種類、こちら側でご用意いたします。
☆初回に限り、千円引きの3,000円です。
*半紙が不要な方は100円値引きさせていただきます。
何度も参加して、余っているかたもいると思いますので、不要な方は、メールでご連絡ください。
*追加の半紙は行書用20枚250円,手すき20枚400円で販売します。


持ち物

・下敷き・筆(大小、刷毛などなるべくたくさん)
・墨汁・顔彩や絵の具、クレヨンなど(あったら持ってきてください)
・硯もしくはお皿
・お水をいれるお皿か紙コップやプリンの容器のようなもの、
・空の500mlくらいのペットボトル(お水を入れたり、筆を洗ったりします)
・文鎮もしくはオモリになるもの
・新聞紙もしくはビニールシートなど
※道具をお貸しする場合は、別途200円いただきますので、ご了承ください。
*道具のことでわからないことがあったら、なんでも聞いてください 半紙二種類、こちら側でご用意いたします。
?Gg[???ubN}[N??