2018年4月

LIVE ART PERFORMANCE

筆が奏でる。
ギターが描く。


LIVE ART PERFORMANCE
[calligraphy × music]


世界的なギタリスト山本恭司と、墨象アーティスト七澤菜波がコラボする圧巻のステージ。

前半は、七澤菜波が奏でる[書 × 音楽]のライブパフォーマンス。
後半は、ギタリスト山本恭司さんを迎え、新たなアートの融合に挑みます。
ギターと書が即興で生みだす世界を、あなたの目で耳で心で感じてください。
*第一部・第二部 共に同じ構成になります(曲は変わります)

2018.6.3(sun)
第一部 開場15:00 開演15:30 / 第二部 開場17:30 開演18:00
*第一部と第二部は完全入れ替え制。
*オールスタンディング

打ち上げ交流会 19:45~20:45 *ドリンク飲み放題・おつまみ(お菓子)

〈チケット〉
第一部:前売¥3,500 当日¥3,800 *税込・1ドリンク代別途
第二部:前売¥3,500 当日¥3,800 *税込・1ドリンク代別途
*基本はスタンディングですが、オプションとして、+500円で椅子席をご用意しています。ご相談ください。(足腰の弱い方を優先させていただきます)
*整理券、整理番号はありません。椅子席を除き、先着順でのご入場になります。

打ち上げ交流会 ¥2,000

〈会  場〉
溝ノ口劇場
神奈川県川崎市高津区久本3-1-5 ミュージション溝の口B1F Tel. 044-850-0038


〈チケットのご予約・お申し込み・お問い合わせ〉

クレジット決済でのご予約
クレジットでのお手続きはこちら


お振込でのご予約・お申し込み
nanami@nanaminanasawa.com(七澤菜波)
にご連絡ください。
(お名前・希望する公演・連絡先をご記入ください)
*メールでお申し込み後、振込でお支払いされた方には、チケット画像をお送りしますので、当日はそちらを受付でお見せください。

お問い合わせ
nanami@nanaminanasawa.com

LIveartチラシ

LIveartチラシu


山本 恭司
Kyoji Yamamoto
ギタリスト
島根県生まれ。18歳の頃より天才ギタリストとの呼び声が高く、ハードロックバンド「BOWWOW」に抜擢される。圧倒的なギターテクニックにより日本のロックシーンをリード。キッスやエアロスミスとのツアーが話題になる。その後、「VOWWOW」を結成し、ロンドンをベースに欧州や米国で活動。英国でチャートインを達成。そのほか、幅広いジャンルのアルバム発表やプロデュースなども手がけ、世界の音楽シーンで活躍。

七澤 菜波
Nanami Nanasawa
書家・墨象アーティスト
富山県生まれ。東京学芸大学書道学科を経て、グラフィックデザイナーとして活躍。 その後、墨象アーティストとしての活動をはじめる。個展での作品発表のほかに、商品やパッケージ、ブランドロゴなど揮毫作品多数。また音楽に合わせて巨大な紙に描く「書のパフォーマンス」は、優雅に美しく奏でるスタイルが評判を呼んでいる。建築家とのデザインプロジェクト、舞台美術など、異業種とのコラボレーションも手がけている。

5月七澤菜波書道教室

2018.5月 七澤菜波墨彩教室
2018年5月12日(土曜日) *第2土曜日です

5月

一部 13:00~16:00
二部 16:30~19:30

一部、二部ともに同じ内容です。
どちらかお好きな時間帯を選んで申し込んでください。
(定員になった場合は、時間帯がご希望に添えない可能性もありますので、ご了承ください。)

どうぞよろしくお願いいたします。


受講内容

<前半> 基礎編
「之視今亦」
王羲之の蘭亭序をベースに練習していきます。
*初心者の方は3回目まで、基本の線からお教えします。
「永和九年」「癸丑春之」「會于稽山」
それぞれのレベル、スピードにあった教え方をしていきます。
*4回目以降の方は、共通の課題とさせていただきます。


<後半> デザイン編
「Thank you/ありがとう」
母の日、父の日、お中元の季節がもうすぐです。
日頃の感謝の気持ちを表して、カードにしてみましょう。
Thank you・ありがとう・心ばかり・ほんの気持ち・感謝 など


*できれば、顔彩やクレヨン、アクリル絵の具や、和紙、シールなど、
デザインに使いたいものを自由に用意してきてください。
*たくさん書きたい方は、ご自分んでハガキを用意して来てください。



場所

目白第二区民集会室(3階)
〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-3

<アクセス方法>
・電車でお越しの方
山手線 目白駅より徒歩2分

受講費

4,000円 半紙二種類、こちら側でご用意いたします。
☆初回に限り、千円引きの3,000円です。
*半紙が不要な方は200円値引きさせていただきます。
何度も参加して、余っているかたもいると思いますので、不要な方は、メールでご連絡ください。
*追加の半紙は行書用20枚250円,手すき20枚400円で販売します。


持ち物

・下敷き・筆(大小、刷毛などなるべくたくさん)
・墨汁・顔彩や絵の具、クレヨンなど(あったら持ってきてください)
・硯もしくはお皿
・お水をいれるお皿か紙コップやプリンの容器のようなもの、
・空の500mlくらいのペットボトル(お水を入れたり、筆を洗ったりします)
・文鎮もしくはオモリになるもの
・新聞紙もしくはビニールシートなど
※道具をお貸しする場合は、別途200円いただきますので、ご了承ください。
*道具のことでわからないことがあったら、なんでも聞いてください 半紙二種類、こちら側でご用意いたします。

スカーフを着て出かけましょう!

巻くだけじゃない!
アートスカーフをオシャレに着るアレンジ術


「スカーフは首に巻くもの」だと思っていませんか?
このスカーフのコンセプトは「アートスカーフを着る」ということ。
ベスト(ジレ)のように着たり、ビスチェ風に着たり、
腰に撒いてスカートのように着たり・・・と、
10パターン以上の使い方ができます。
カジュアルにもシックにも、使う場面に合わせて変幻自在。
さあ、今日からスカーフを着て出かけましょう!

オリジナルスカーフの販売はこちらです

ska001

ska002

ska003

ska004

ska005

ska006

ska007

ska008

ska009

ska010

Kyodo Weekly

2017年度 共同通信社 会報
[Kyodo Weekly] の表紙を毎週担当させていただきました。

一年間ありがとうございました。
新年度も引き続き担当させていただくことになりましたので、よろしくお願い致します。



201704

201705

201706

201707

201708

201709

201710

201711

201712

201801

201802

201803

爛-RAN-

先日、朽ちかけてゆく薔薇と、儚げな桜の嬌艶を目にしました。
美しさと艶やかさを放つ、朽ちて腐りゆく甘美な花々を目にするとゾクゾクします。
匂い立つような色気を感じませんか?

RAN_201801

私は「爛-RAN-」という言葉が好きです。
「爛(らん)」という文字には、二つの意味があります。
「絢爛豪華」のような“きらめく/かがやく”という意味、さらにそれとは真逆の「腐爛」のような“ただれる/くさる”という意味。
爛熟した花に出会うとき、そんな相反する二つの世界に目を奪われ、ざわめきと興奮を感じます。
そんな美しさと艶やかさを放つ、朽ちて腐りゆく甘美な花々を撮っています。

RANシリーズphoto